トップ / 医師の勉強は大変である

医師の勉強は大変である

医師になるための勉強

専門

医師は常に勉強が必要

どこかの大学のどこかの学部の学生は、「まあこの試験は落としても、何とか単位は足りるはずだ」などと言っています。不合格の科目が1つや2つくらいあっても、卒業はできます。適当に勉強して充分に遊んで大学を卒業する、という学生も少なくありません。しかし医学部の場合は基本的には全科目必修で、1つでも落とすと留年となります。そして、医師となってからも毎日が勉強です。毎月の支出の中で一番多いのが書籍代です。1か月で10万円くらい使うこともあります。看護師国家試験は1日だけですが、国家試験は3日連続で行われます。それだけ

医師になるためには勉強が必要

医師になるには膨大な量の勉強時間が必要です。医者になるにはまず大学に入学する必要があります。しかしこの、医学部入学がとても大変なのです。一般的に医者になるに大変なお金がかかります。例えば、私立の医学部では3千万円ほどかかると言われています。ですので、多くの受験生は授業料の安い国立大学を受験します。国立大学なら授業料は500万円以内で済むことができるのです。だから、多くの受験生は、必死になって勉強します。なんとしても医師になりたいからです。こうして苦労して医者になった人材が日本の医療を支えていくことになるの

↑PAGE TOP