トップ / 医師で給料が多い形態とは

医師で給料が多い形態とは

医師の勤務と給料

専門

大きな病院ほど少ない医師の年収

医師と一口に言っても、大学病院に勤務するケースもあれば、民間の大きな病院に勤務するケース、個人の小さな病院勤務、開業医、大きなクリニックの雇われ院長等、いろいろあります。一般の人たちには、大きな病院のほうが年収がいいのだろうと思われているようですが、実は逆です。大学病院の教授や大きな病院の院長の年収は、1200万円~1400万円前後です。開業医の年収は、2000万円~3000万円くらいです。大きめのクリニックや小さな個人病院の雇われ院長の場合は、2000万円~2500万円くらいです。若手でも、同様です。一般病院で勤務10年目で1500万円ほど、大学病院の医長クラスで800万円ほどです。また、診療をしない医師もいます。例えば製薬会社の研究開発をする場合です。開発チームのリーダーで1200万円~1500万円、経営幹部となれば2000万円~1億円と言われています。開発した新薬がヒットすればボーナスが多額に出て、億にも達するということのようです。

勤務医と開業医との年収の違い

医師の年収は平均的にみていくと、勤務の場合約1千万円、開業医で約2千~3千万円になります。当然、専門の違いによっても大きな開きがあり、外科や整形外科など手術を受け持つと、プラスアルファになります。これに加えて当直や危険手当がプラスされます。また開業医になると、勤務の数倍の年収になります。しかし開業医は経営からすべてをしきりますので、責任も重大であり、経営能力を問われることもあります。医師は職業の中でトップクラスに属しますが、シビアな勤務条件やストレスを考えると、給料にに合った金額であると考えて妥当な金額かもしれません。給料が単に高いだけの仕事でしたら、医師よりも高いところがたくさんあります。これからお年寄りがたくさん増えてきます。患者のことを思っての医療体制を築きあげて、患者さんから信頼される人になることがいいです。そうすると自然に信頼を寄せられ、本人にとっても死後とへのモチベーションがあがるでしょう。

↑PAGE TOP