トップ / 医師に業種が多々ある

医師に業種が多々ある

医師の業種について

専門

医師が他業種へ転職する場合

医師が他業種へと転職する際には医薬品業界や保険業界等で多くの需要があります。製薬企業においては新薬の開発やマーケティング業務等、特に外資系製薬会社では医薬品の営業職としての需要が多くあります。また、保険会社においては保険加入者の入会や保険金を支払う際に医的なアドバイスをする社医等で医師の需要が増えてきています。また、他業種へ転職することで夜勤や当直等、不規則な勤務形態から定時出勤定時退社の規則的な生活へと変わり健康的な生活を送ることできる場合があります。

様々ある医師の業種とは

医療の現場にも、様々な業種があります。医師免許を所得した人が開業した時ですが、大抵は内科や外科を謳って開業していますが、実際の所はと言いますと、内科を開業した人が実は泌尿器科も診察することが出来ます。要は、調理師免許と同じような考えで和食職人がパスタやチャーハンを作るのと同じような理由で、内科医が泌尿器科の診療をしても不思議ではありません。最も、医師免許国家試験を受験する時点で、人間の生理学は学んでいますので、特に問題はありません。ですので、多種多様な業種を診療できるわけです。

↑PAGE TOP