トップ / 医師の数を増やすために

医師の数を増やすために

医師不足の打開方法

専門

医師不足は解消できる

医師不足の深刻さが増す社会を築かないためには教育を充実させることが条件というのは定説である一方、実際には行う必要がないというのが現代の事情です。その日のうちに医療従事者になることができる人材は、全く毛色の異なる生活をしていることが多いからです。家庭を守るために食事の用意や室内の掃除をしたり、はたまた別ジャンルにおいて利害活動を行っていることもあります。そんな彼らを医療機関が導いてあげるだけで、現代社会の問題とも言える医師不足が解消できてしまいます。一度は医療行為を行ったことがあるにもかかわらず現役から遠ざかってしまった人には、さまざまな過去があります。その多くは生活の糧を得ることに関連した内容なので、暮らしを豊かにするための方策を考えるのが手っ取り早いです。医療機関の資金に余裕があれば、医療行為を始めてくれる契約と同時に生活費を与えるなどといった取り組みが大事です。すると、医療従事者の数が増えます。

日本の医者不足の現状

現在、少子高齢化を迎える日本で最も深刻なことが医師不足です。医療はどんどんと先進化し、癌や脳卒中など今まで治療が難しいとされた病気も治療可能となり、治療方法も角度を広げました。日本の問題は先進国として長寿社会となったことで、国が先進化すると医療が進み、長寿社会を形成し高齢者が増えるのと、さらに世界的に見ても医療技術が高い日本で、予防医学の側面を高める動きがあり、病気を早期発見したり、病気にならないように日頃から検診などをすることが、日本人の寿命を延ばしており、増えた高齢者に対して医師の不足が深刻となっています。また、逆に少子化が進むことで、将来の医療従事者が少なくなる懸念も持たれます。日本人の平均寿命は世界一ですが、平均寿命という概念が必ずしも健康寿命ではない為、近年、患者の増加傾向がみられる認知症が高齢期に発症することなどから、それに対応する医師や看護師の数が不足しているため、医療技術の高まりとの矛盾が生じています。

↑PAGE TOP