トップ / 患者には専門医師の力が必要

患者には専門医師の力が必要

専門性のある医師

専門

専門医療を行う医師に意見を聞く

専門医という言葉を聞いたことがあると思いますが、専門医とは、医師の専門科目ではなく、治療においてより高いノウハウを持つ専門的な治療を行う人であり、化学療法や外科手術の専門医などが代表的です。このような人材はその治療に特化した専門病院や大学病院などの高い医療レベルの医療機関におり、一般外来などから担当医師の紹介により、専門科に回されそこで専門的な診断を受けることになるでしょう。このような医療機関へは紹介状という方法や、近年では自らや家族の協力のもとインターネット検索などで直接診断を受けに行くこともありますが、セカンドオピニオンを希望して紹介状を書いてもらう患者さんも多いようです。セカンドオピニオンは現在の医療機関のみではなく、別の医療機関でも診断を受けたいという患者の要望に応えるもので、患者や家族の意思により選ばれる方法です。余命宣告をされた患者であっても、専門性の高い医療を受けることで、生存期間が延長されることも多くあります。

専門医がいる医療機関

専門の医師がいる医療機関は多くの患者や家族等から長期間にわたって信頼、信用を得る事が出来るため安定的に経営を行う事が可能です。また、専門医による質の高い医療サービスを提供する事が出来ます。しかし、多くの患者がその医療機関に集中し、専門のスタッフが心身を疲弊させ、苦しい状況に陥る危険性があります。また、一人の患者に対して十分なケアの時間を確保する事が難しいという問題点もあります。今後、特定の医療機関にそのような人を集中させるのではなくすべての医療機関に専門医の資格を持つ医師を配置する事が重要です。バランス良く配置する事が出来れば安定的に医療サービスを受ける事が出来ます。また、特定の医療機関のスタッフだけがしんどい思いをしなくてもすみます。そのような人材がいる医療機関は社会にとってとても大切です。その数を増やし特定の人間が心身を疲弊させないシステムを構築する事が非常に重要です。バランス良く配置する事が患者、医療関係者の双方の利益になります。

↑PAGE TOP