トップ / 新人の医師で大切なのは

新人の医師で大切なのは

新人医師の注意事項

専門

新人の医師にとって大切なこと

新人の医師にとって、気をつけておくべきことがあります。それは職業は置いといて、社会人一年目であるため、まずはしっかりとした社会人としての基礎を身につけておく必要があります。特にホウレンソウが大事です。ホウレンソウは食べ物のほうれん草ではありません。報告、連絡、相談の頭文字をとったものであり、これらをできるとできないとでは大きくその後の将来が変わってきます。医師という職業は特別なイメージがありますが、だからこそ基礎が大切なのです。

新人でも採用される医師求人

新人でも大丈夫な医師求人に採用されると、経験者が診察のやり方を教えてくれるという長所があります。経験者医師の隣に腰かけて、その診察手法を見ながら日々を過ごします。わからない所があった際は、質問をすれば適切な回答をしてくれます。そして、時間が経てば自身も患者の診察をすることができるようになります。短所は風邪を移されやすいことです。内科や小児科に配属された際は、咳をしたりクシャミをする患者に出くわす機会が多いです。その時は、マスクを装着していれば風邪へ対処できます。

↑PAGE TOP