トップ / 産業医とはどのような職か

産業医とはどのような職か

産業医は必要不可欠

専門

産業医の必要性について

産業医の選任は、一般企業などであっても行わなければいけない場合があります。特に従業員数が多い一般企業等にあっては、産業医を活用する利点は多くあり、特に昨今の労働安全衛生法等関係諸法令の改正で、従業員のストレスチェックを行わなければならないときに、迅速に助言を受けることが可能ということが挙げられ従業員が毎年受けている健康診断や人間ドックなどで、医療機関から要再検査や要精密検査などの指摘が出された場合、次の医療機関受診時の検査結果を見て判断を求められます。

企業と従業員の健康維持

産業医の存在は、企業からすれば従業員の健康の維持につながり、従業員も健康を維持しながら仕事ができるという双方にとってメリットがあります。こうした利点は、病気等の早期発見、早期治療につなげられるというメリットもあり、従業員が健康リスクにより休職することを防ぐ効果もあります。また、社会保険加入の一般企業にあっては、病気を早期発見したりあるいは早期治療を行うことで、医療費の抑制にもつなげられるものです。産業医をうまく活用することが、職場等においても今後より求められることになるでしょう。

↑PAGE TOP